ホーム
フジデリカ・クオリティとは
新商品紹介
フジの惣菜一覧
商品動画
お問い合わせはこちら

株式会社フジ・ハートデリカ(特例子会社)

企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。

障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の2.2%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受ければ、その子会社の障がい者雇用数を親会社および企業グループ全体の雇用分として合算することが認められています。

これを「特例子会社制度」といいます。

設立 2011年7月1日  資本金500万円
*親会社である 株式会社フジデリカ・クオリティ(以下FDQ)100%出資子会社
設立主旨 ①フジカンパニーの一員として地域への貢献を行ううえで、障がい者の雇用創出を行う。
②企業特性(製造)として障がい者雇用に適性のある作業と作業量が見込める。
③FDQ全体の生産性に寄与できる可能性が高い。
事業開始 2011年7月16日 (知的:4名、精神:1名 計5名から開始しました)
特例子会社
認定
2011年12月15日
事業内容 FDQで使用する野菜、果実等の前処理業務委託 (受託手数料 35円/kg)
事業所 松山市久万の台
事務所 松山市安城寺町571-2(フジデリカ・クオリティ本社工場3階)
※FDQ法定雇用率 2017年 6.95%
従業員数 31名(内障がい者 15名)

主な原料の1日平均処理量

出荷ベース
じゃが芋の芽取り・カット 700kg~1,000kg
キャベツの4つ割りと芯取り 1,500kg~2,000kg
人参の皮むき 300kg
玉葱のカット 700kg~1,000kg
グリンリーフの選別 150kg

2017年度

*生産性目標
47kg以上/人時
設立当初処理量
3,392kg/日
直近処理量
5,700kg/日
  • ノーマライゼーション(Normalization)の理念にしたがい、共生社会づくりに取り組みます。
  • 人にやさしく、地域にやさしい企業づくりを目指します。
  • 職業的自立と社会参加の場を創出します。
会社案内
採用情報
お問い合わせ
株式会社フジ・ハートデリカ
株式会社フジ・ハートクリーン